多言語サイト制作・翻訳・メール代行・更新まで全てお任せください

外国人客の取り込みに悩んでいる個人やオーナー様にむけて、多言語サイト製作から翻訳、
お客様とのメール代行、更新までを任せられる業界初!?のサービスを開始いたしました。

ここ数年は日本のマッサージ・売り専・ゲイバーでも外国人客からの予約が急増しているようで、
実際に観光客が海外旅行で実際に使う金額はどのくらいなのかと言えば、この観光収入ランキングを見れば歴然です。

ランク

2016年の第1位はアメリカで総観光収入は2億5,940万ドル(約23兆円)となっています。
一人当たりの観光支出額は2,724ドル(約305,000円)と高い数値で、観光客数で第1位のフランスは、
年間観光収入は4億2,481万ドル(約4兆7,500万円)と5位となっています。
日本の観光収入はというと、年間約3億678万ドル(約3兆4,000万円)となっており、
この数字も非常に高く、来年にはトップ10入りほぼ確実な見通しなのです。
年間3兆円もの観光収入が期待できるインバウンド産業は、2020年東京オリンピック開催に向けて
市場がさらに拡大していくことは間違いございません。

ただ、このような海外旅行客が二丁目や堂山のゲイバーに行ってみたい!日本のボーイと遊んでみたい、
出張ホストを呼びたい、マッサージを受けたい、、という需要を逃している店舗がほとんどのようです。
外国人を受け入れるホームページさえ持っておけば、ゲイサービスを受けたい多くの外国人客を逃さずに
自分の店に取り込むことができることに気づいていない店舗が非常に多いのです。
ライバルも非常に少ないですから、大幅な集客、収益を拡大できるチャンスが、インバウンド対策をした
出張専門店舗やリアル店舗にのみにあります。

たまに見かけるような自動翻訳のホームページや、怪しい英語ではお客様を不安にさせるばかりですが、
私たちはネイティブレベルの英語を使えるLGBTスタッフが在籍しておりますので、高い費用のかかる
翻訳までセットにした安心感のあるホームページ製作をすることができます。
業界の人にしかわからないLGBTならではの専門用語がスムーズに訳せるのも私たちが選ばれる理由です。

また、製作だけに終わらず実際の予約につなげるため店舗とお客様に入ってスタッフやコースの選択など、
様々な外国人とのやり取りを、メール代行できる体制も整えました。
料金も予約にいたらなければ費用も一切かかりませんので、非常にお得な料金体系と言えると思います。

既に日本人向けのホームページをお持ちの方や、これから新規に作りたいという個人の方はもちろん、
スタッフプロフィールや日々のブログ、SNSなども全て翻訳して更新させていただきます。
特にマッサージ・売り専・ゲイバー経営者様におすすめの新サービスですので、是非ご検討ください。

料金目安

多言語サイト製作(翻訳料込)

price

更新代行(翻訳料込)

更新頻度や内容によりご相談

メール代行(日本語/英語)

予約コースの10%(成約時のみ、予約にいたらなかった場合は一切費用は発生しません)

翻訳(日本語/英語)

ホームページやグラフィックなどチラシ製作の場合は基本無料!制作費に込みとなります。
honyaku

その他、中国語、韓国語、タイ語サイトも作りたい!海外SEO対策をしてほしいなど
お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。